サッカー

少し前になりますが、夫の誕生日プレゼントにレスターvsチェルシー戦のチケットをプレゼント。(夫はレスター・サポーター)
サッカーのチケットを買うのは初めてだったので買い方を間違えたらしく、どうやらチェルシー・サイドから買ってしまった模様。私たちの席はチェルシー陣営だった.....。
レスター・サポーターだとバレたらどうしよう〜と全然試合運びとは関係ないところでハラハラしていた気の弱い私。
後ろに小学校低学年らしい男の子とお父さんが座っていて、試合中にこの二人の会話が時々聞こえる。
「お父さん、新婚旅行はどこに行ったの?」
「セイシェルだったよ」
あら、全然サッカーに関係ない話題。
そのうち、
「お父さん、僕たち、ヨコハマ・タイヤ買える?」
私はすぐわかったけれど、お父さん、なんのことかわからなかったらしく、
「え?」
男の子はどうやら、試合中に広告の掲示板に出る「YOKOHAMA TYRE」が頭に入っていた模様。
ヨコハマ・タイヤはチェルシーのスポンサーである。

少年よ、君はそのタイヤを買ってもらってどうしたいんだね。
と思いつつも、広告の威力ってすごい、と思った。
お父さん、「買うよ」とは言わなかったけど。


このブログの人気の投稿

いつかの年越し 

珍品

誰かに似た声